2008-09-07

失敗

危険性を承知してあれだけ注意していたのにやってしまった。

昨日の大学からの帰りの出来事。いつものように研究室の戸締りを確認し、カバンを持って部屋の外に出た。1階へ降りるためのエレベーターを待っていた時の事だった。室内に財布を忘れた事に気がついた。ふ〜危ない危ない、すぐに気がついて良かった...などと呑気に部屋に戻ろうとしたら、

カードキーが財布に入っている!

こちらの建物はセキュリティ上の理由から建物全体が幾層にもブロック分けされている。各ブロックをつなぐドアは、ビジネス時間外になると自動で鍵がかかる。研究科の構成員にはカードキーが与えられ、時間外にはそれを使って解錠し出入りする。運の悪いことに昨日は土曜日、しかも時間は夕方の7時。ブロックの外に一度出てしまうと、もう中には戻れない。なんと愚かなんだろう。私の研究室がすぐそこに見えているという事実が、情けない気分に一層拍車をかける。しばらく待っていれば誰か人が通って、向こう側からドアを開けてくれるかもしれない。一縷の望みにすがり、しばらく待ってみた。

〜10分経過〜

全く人の通る気配は無い。

〜20分経過〜

相変わらず物音ひとつ聞こえてこない。

〜30分経過〜

だんだん心細くなってきた。もしかすると財布を諦めて帰る事になるかもしれない。普段財布とは別に持ち歩いている小銭入れの中身を確認してみることにした。さてさて帰りの電車賃くらいはあるかな?私:「.........。」

1Krone(クローネ)と50Øre(オーレ)のコインが一枚ずつ!世界一物価の高い国ノルウェーで、所持金がたったこれっぽっち!1.5NOK(約30円)じゃ何も買えない(笑)。普段の生活はカードだけで事足りるので私はあまり現金を持ち歩かない。カード社会の落とし穴にはまってしまった。もうこうなったら歩いて帰ろう。この頃は運動目的で宿舎のあるKringsjåから大学のあるBlindernまで片道40分かけて徒歩で通学している。帰り道は上り坂だからきついけど、まあ歩けない距離じゃないし...と覚悟を決めて1階まで降りた。日曜日の食事代どうしよう?...なんて事を考えながら、1階の玄関のドアを見るとなんとここにも!つまり図で説明するとこうなっている。

<研究室のあるフロア> |ドア| <エレベータのあるフロア> |ドア| <外>
                  ↑
                 今ココ
閉じ込められた!!!


今頃になってようやく事態の深刻さを理解する私。出るに出れず、入るに入れず。もうなんだか自分がアホ過ぎて笑えてくる始末。それにしてもお腹減ったなあ...。とりあえず再びエレベーターで研究室のある6階にまで戻った。先ほどのドアを恨めしくガチャガチャやってみたけど、誰も通る気配が無い。このまま月曜の朝まで誰もこなかったらどうしよう?そうだ!携帯を使って友達を呼び、助けてもらおう。Christianは大学の近くに住んでいるけど、彼の番号知らないし、Andreaの番号は知っているけど、今晩は国立劇場にイプセンを見に行くって言ってたよな。彼女は前から楽しみにしてた。邪魔しちゃ悪いよなぁ。八方塞がりの状態になんだか泣けてきた(ToT)。エレベーターの階表示ランプを凝視しながら、人の気配を探ったけど、ピクリとも6階から動かない。考えてみれば土曜日のこんな遅い時間に研究室に出てくるノルウェー人なんて居るわけない。自分が必死過ぎて笑える。

閉じ込められてから40分が経過した頃、微かに物音がした(気がした)。ドアの前まで言って、取っ手をガチャガチャとやって、必死に存在をアピールする。

「私はココダヨウ!」

その時ドアの向こうから人が近づいて来るのが見えた!やった!アジア系の学生さんだ。もう彼の存在が有難すぎて後光がさして見えた。やっぱアジア人最強!いざと言うときに頼りになるのは働き者のアジア人だよね〜。さっきまでの不安はどこへやら?自分の失敗を棚に上げて思わぬ救世主の出現に軽口まで(^^)。彼にもっとお礼を述べたかったけど、彼は「No Problem, No Problem」と言い残し、さっさとトイレに行ってしまった。それにしても彼が居てくれたおかげで助かった。無事研究室に戻り財布を回収し、一時間遅れで宿舎に帰宅した。研究所の建物に限らず一般にノルウェーの建物はセキュリティが厳重だ。少々やりすぎのように感じるのは私だけか?

4 件のコメント:

flop さんのコメント...

こわ〜。月曜日まで閉じ込められたら発狂してたでしょうね。

私も海外でキーのとじ込みすること多数。仕方ないので2階のベランダから雨の中サンダル履きで地面に飛び降りたこともあるな〜。

鍵を持って出掛けたはずなのに、家に戻ろうとすると車の鍵だったとかいうこともあったな〜。

ご無事でなによりです。はい。

abkn さんのコメント...

日本ではここまでセキュリティーが高くないから、閉じ込められるということはないよね。やっぱ、治安がいいからでしょうか。

Hiroさんは必死なんだろうけど、読んでてなんだかおかしくなってきました。

匿名 さんのコメント...

冷や汗ものでしたね、でも早く抜け出せてよかったね。自分のこと(よくあるのです、注意力欠如による)のように、です。
建物、一般的に西欧のドア等はセキュリティが厳重に感じます、少々やりすぎのように感じるなー、これがお国柄か、確かに日本はちゃっちい。yasegaki

Hiro さんのコメント...

> flop様

今日は早速管理会社の電話番号を教えてもらいました。閉じ込められても安心です...ってオイ(笑)。日本人の評判を落とさないように気をつけましょう。

> abkn様

出る時にまで認証が必要だなんて、あんまりです(ToT)。

> gaki様

治安の良いノルウェーでここまで厳しいとは...。言われてみれば建物の作りにおいてひとつひとつ(ドア、窓、壁など)が頑丈に出来ている気がします。防寒の意味も大きいかも。